初期費用が安い物件で気をつけるべきポイント3カ条 – お部屋探しならバレッグス
  • 会員登録
  • あなたの理想の物件探しをお手伝い、スピード対応でサポート

    お電話のお問い合わせ
  • 会員登録
  • あなたの理想の物件探しをお手伝い、スピード対応でサポート

    お電話のお問い合わせ
    会員登録済みのお客様
    初期費用が安い物件で気をつけるべきポイント3カ条
    blog articles
    2014/08/26 -

    #
    お得 . バレッグス . バレッグス 都立大学支店 . 仲介手数料 . 地域密着 . 掘り出し物 . 敷金 礼金 なし . 東横線 . 賃貸 初期費用 . 賃貸 売買 . 賃貸 相場 . 都立大学 不動産 . 都立大学の賃貸 . 都立大学駅 .

    ■初期費用が安い物件で気をつけるべきポイント3カ条

    こんにちは。
    バレッグス都立大学支店です。
    本日は、お部屋探しにおいて気になる「初期費用の安い物件」についてのポイントを
    解説致します!

    まず「初期費用の安い物件」についてですが、
    皆さんそれはなるべく初期費用がかからない方がいいですよね。
    賃料10万円の物件があるとして、
    基本的に初期費用は賃料の4.5ヶ月分が初期費用としてかかると言われています。

    内訳は
    ・敷金1ヶ月分
    ・礼金1ヶ月分
    ・前家賃1ヶ月分
    ・仲介手数料1ヶ月分
    ・その他保険等0.5ヶ月分
    になります。

    その中で初期費用を削る部分としては、
    敷金・礼金・仲介手数料の3つしかありません!!
    ここを如何に削っていくかが最大に”肝”になります!!

    今回はこの交渉やお探しの仕方の解説ではなく、
    初期費用がお得な物件があった場合の注意点を3つ解説致します。
    (交渉術やお探しの仕方は次回、投稿しますね!!)

    まず、大前提に貸主様が初期費用をお得な状態で募集をかけるということには
    ”明確な意図”あります。

    それでは一つ目から参ります。
    【①違約金に気をつけろ!!】
    先述しました通り、貸主様には初期費用をお安くする”意図”があります。
    違約金とは短期解約における違約金のことです。
    ここでいう意図と言いますのは、【より長く住んで頂きたい】というものです。
    貸主様は初期費用よりも毎月の入居者様からの賃料収入で生計を立てています。
    その為、初期費用を安くする代わりに長く住んで頂く為に、短期解約の違約金という
    制限を設けています。
    長く住む予定で探されてりう方にはあまりデメリットにもなりませんので、良いですよね!!

    それでは、2つ目。
    【②要確認!!保証会社必須か否か】
    まず、保証会社というものをご存知ない方もいらっしゃいますよね。
    通常、ご契約者様のご両親やご親族に連帯保証人として立てて頂くのですが、
    保証会社というものは、その連帯保証人の役割を保証会社という会社に代行してもらうものになります。
    その際に委託する料金として、プランにもよりますが、基本的に半月分~1ヶ月分の費用がかかります。
    保証会社には借主様が何かしらの理由で賃料の支払いが滞った場合に、
    賃料の肩代わりをしてもらえるサービスがあります。
    その点において、貸主様が一番気にされる賃料の収入に対する保証が担保できるので
    貸主様には大きなメリットになります。
    結局、初期費用をお得にする⇒月々の賃料収入を確実にする!!ということですね!!

    連帯保証人をお願いできる方がいらっしゃる方にすると無駄といえば無駄な費用ですが…。
    また最近、連帯保証人関係でトラブルが多くあることもあり、初期費用に関係なく保証会社加入を必須の
    条件にしている貸主様も多いです…。

    最後の3つ目です。
    【賃料起算日(賃料発生日)の決まりは??】
    最後に、敷金・礼金がかからない物件のほとんどは期間限定やキャンペーンであることが多いです。
    その際に、初期費用がお得になる代わりによくある制限がこの賃料起算日についてです。
    基本的にはお申込してからご契約に至るまで1週間程度で行われ、賃料起算日はその翌一週間後に設定されます。
    その中で、初期費用が安い代わりとして、契約日当日に新居の賃料が発生する可能性があります。

    通常、現住居の賃料もかかっている中で、新居の賃料も発生してしまうと、二重に賃料をお支払いすることになりますので、
    結果として、礼金などを払っていることと同等になりますよね。
    この点は要注意です!!

    以上となりますが、このように決して初期費用の安い物件が物件的に何か問題のあるお部屋という訳ではございません。

    その中で、安い裏には費用面で何かあるという目線を持って見ていくと良いかもしれません。
    また、基本的には4.5ヶ月分かかるものと捉え、その中で安ければラッキーくらいの感覚が一番良いと思いますよ!!

    是非今後のお部屋探しのご参考にして下さいますと幸いです。

    それでは本日はここまで!!

    お仕事頑張りましょうーー!!!