あなたの理想の物件探しをお手伝い、スピード対応でサポート

お電話のお問い合わせ

あなたの理想の物件探しをお手伝い、スピード対応でサポート

お電話のお問い合わせ
会員登録済みのお客様
安い家は高い家!!
blog articles
2014/11/06 -

#

業者が安い家を建てるのは簡単です。

材料費、構造等で工夫をすれば、いくらでも安い家は建てれます。

コストをできるだけカットする方法は沢山あるのです。

例えば、

  • 安い材木、細い柱を使用する
  • 天井を低くする
  • 廊下を狭くする
  • 収納を少なくする
  • 窓を小さくする
  • コンセントを少なくし、配線を少なくする

しかし、本当に求めるモノは何かと考えてください。確かに、収納を増やし玄関や廊下を広くすると面積が増えて価格は上がります。でも、天井を高くし、廊下を広くし、窓を大きくするということは、家にとっても人にとっても快適な空間が望めるということなのです。

まず、生活の場は、人を育てる土台となることを忘れてはならないでしょう。特に、小さな子供たちは、大切な人格形成をその場所で行うわけです。長くそこに生活するためにも初めが肝心なのです。

何と言っても、長く住める家というのは、構造がしっかりしていて、空間に余裕があるものです。見た目の派手さにお金をかけずに、地味な構造部分にこそお金をかけるべきです。その方が、長い目で考えると使いやすくて、安く維持できるのです。

戸建住宅の価格は10年とか15年を過ぎると急激に下がります。これは売りに出すときの値段を考えた場合ということですが、造りのしっかりした家なら価格の下落幅が少なくなります。

それに、適切な時期に適切な修繕を行っているかどうかも価格に大きな影響を与えます。格好ばかりで掃除がしにくいと汚れが目立つようになりますが、住んでると日々汚れていくことに気づかないのです。

家は買ったときの値段ではなく、売れたときの値段で初めて、高かったのか安かったのかが分かってくるのかも知れません。

全体の価格は安く押さえても、基本構造部分での妥協はしてはいけませんし、そういうことを業者に許してもいけません。