あなたの理想の物件探しをお手伝い、スピード対応でサポート

お電話のお問い合わせ

あなたの理想の物件探しをお手伝い、スピード対応でサポート

お電話のお問い合わせ
会員登録済みのお客様
祐天寺の地元不動産会社社員の地元の名店放浪記。②
blog articles
2014/11/16 -

#

祐天寺・学芸大学にある、知られている名店も、知られざる名店も自ら食し、ご紹介させていただきます!

今回は、閑静な住宅街にたたずむ、か~~~なりディープな《たいやき》屋さんです。
世田谷公園に向かって三宿通りを歩いていると、《たいやき》と書いてある、何やら怪しい看板を発見。
まさかタイ焼きだけで勝負しているお店が、、、?

看板に吸い寄せられるように歩いてしばらく行く。
ありました。

__ 1
とにかく店内に入ってみる。
店内には右手にたいやきを焼くためのカウンターとお母さん。
左手にテーブル席。

 

__ 3

さっそく、白あんたいやきを注文。

私なんと、、
今回は肝心のたいやき写真を撮影し忘れるという大失態、、、
たいやきは、餃子でいうところの【羽】がしっかりとついていてカリッカリ!
中はアンがたっぷり詰まっていて、食べごたえ抜群です。

そして、何よりも楽しいのが、お母さんとの超近距離でかわす会話。

昔ながらの駄菓子がたくさん置いてあるのですが、お母さんが子供時代からある【コーヒーシガレット】などのど定番駄菓子は、お年寄りが懐かしがって買って行ったりするそうです。
そしてそして、今は30円ですが、昔はなんと、、、10円。

インフレこわ。。

 

__ 2

今でも子供たちが遠足の時などは大量に買っていくそうです。
そういった流れはいつになっても同じなんですね。

そんな祐天寺も、昔は他にも3件の駄菓子やがあったそう。
それが、今やコバヤシさんのみ。

時代の移り変わりは怖いものです。

こういった古き良きお店を大切にしていきたいですね。
是非、直接足を運んで実物を見て、そして食してください。
ここのたいやき、一味違います!!

地元に住む私が言うのですから、間違いありません!!