あなたの理想の物件探しをお手伝い、スピード対応でサポート

お電話のお問い合わせ

あなたの理想の物件探しをお手伝い、スピード対応でサポート

お電話のお問い合わせ
会員登録済みのお客様
情報社会での家探し。
blog articles
2015/03/06 -

#
大岡山の賃貸 . 学芸大学の賃貸 . 探し方、賃貸、家、情報、おとり . 都立大学の賃貸 .

こんにちわ!

バレッグス学芸大学店です!

本日は賃貸物件の探し方に注目して、近年どのような傾向があるか見てみました。

情報社会と言われるだけありまして、

賃貸物件の探し方情報を頼りに、できるだけ時間を掛けずに探す方が増えているみたいです。

どんな傾向があるのか、調べてみました。

【2013年度 賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査(首都圏版)】(リクルート住まいカンパニー)の情報では、

PC・・・・・・・・・・57%

スマートフォン・・・・・22%

8割の方はネットで情報を得てからお部屋探ししていることが分かりますね。

さらに調べると、

PCは2年連続で減少しており、スマートフォンは前年と比べ1.2倍になっています。

おそらく不動産だけでなく、多くの検索はPCからスマートフォンへ移りつつあるのではないでしょうか?

使いやすさ、ツールも充実していますので、外出先でも手軽に検索できるのも理由かもしれません。

 

また、情報が事前に手に入る為、不動産会社に行く件数が年々減っております。

2013年度の不動産会社への訪問数は平均1.7店舗。1店舗のみの人が初の50%越えとなりました。

 

不動産会社もネット上での勝負となっていますね。

ただ、注意して頂きたいのは、『おとり広告!』

この時期特に多いおとり広告に注意してください。

おとり広告とは、存在しない物件を掲載していたり、条件を変更して掲載している事です。

集客の為に悪質な業者はこういったおとり広告をする場合があります。

 

インターネット、携帯電話、スマートフォンが普及し情報社会と言われ便利になりましたが、

便利なはずの情報に惑わされることもあるかと思います。

「おいしい話には裏がある」と言うように

明らか相場よりも賃料が安い物件、条件が良い物件に何か理由があるはずです。

 

どんな情報を信じれば良いのか、分からなければ相場を知りましょう。

相場を知れば怪しい情報、良い情報の違いが見えくると思います。

 

それでは本日はこの辺で・・・

またブログでお会いしましょう!