あなたの理想の物件探しをお手伝い、スピード対応でサポート

お電話のお問い合わせ

あなたの理想の物件探しをお手伝い、スピード対応でサポート

お電話のお問い合わせ
会員登録済みのお客様
三軒茶屋を代表する緑と水のオアシス「世田谷公園」
blog articles
2019/09/12 -
お役立ち情報

#
三軒茶屋 . 世田谷公園 .


 

三軒茶屋に暮らす人に「三茶にどこかいい公園ってある?」と尋ねると、約8割の人たちからは「世田谷公園」と返ってくるのではないでしょうか。(※自分調べ)

 

祐天寺駅周辺からも徒歩圏内ですが、三軒茶屋駅からは徒歩約10分。首都高が走り、高層ビルやマンション、さまざまなお店がひしめいている三茶の駅周辺の喧騒がはどこへやら、この公園は緑と緑が豊かなオアシス的な存在なのです。かの永井荷風は「都市の格は水と緑によって‘決まる」という内容の言葉を残していますが、世田谷公園に来るたびにいつもその言葉を思い起こします。

 

最近、この公園を一躍有名したのは「ポケモンGO!」ではないでしょうか。
レアモンスターミニリュウがこの公園で見つかることがわかり、ハンターたちが世田谷公園にこぞって集まりました。個人的にはオネエマンな某美容家さんが早朝にウォーキングしていた場所という思い出があります。桜の名所でもあるし、ここには隣接してテニス場や野球場があるし、夏になるとプールも利用できる。そのうえ、テレビドラマや映画のロケもOK。なにかと「使える」スポットなのです。

 

かつては陸軍の「駒沢練兵場」だった世田谷公園ですが、いくつかのゾーンがあります。中央部の噴水広場は公園の顔。石畳の広場のセンターには六角形の池が配され、真ん中には噴水。上から横からけっこう大容量の水が噴出され、迫力満点。その噴水のある池を囲むようにベンチが並び、カップルやおじいちゃんおばあちゃん、愛犬を連れた人たちがここに座って休憩しています。初夏になると ベンチやその背後に広がる芝生に寝転がって日焼けにいそしむす男子も珍しくありません。女子にとって紫外線は大敵ですが、男子にとっては天然の日サロなのかも。

 

その噴水広場を見下ろすように造成されているのが「タイムカプセルの丘」。池のある位置から標高10mにも満たない小さな丘ですが、のぼってみると視界が開け、噴水広場を俯瞰して見ることができます。このタイムカプセルの丘というネーミングも浪漫を感じさせますね。とくに夕暮れは西に陽がトロトロと落ちていく様子が郷愁を誘い、ステキな時間を過ごせます。

 
 

世田谷公園には「鉄」好きも集まる!

 

 
また、この公園は「鉄ちゃん」にも人気があります。なんと、公園内にはミニSLが走り、乗車も可能なのです。走る曜日は限られていますが、駅舎もプラットホームもあるし、乗車を楽しみに訪れる目的客も多いです。

 

私はもっぱら「食べ鉄」「撮り鉄」の類ですが、ちょっと詳しい話をすれば、世田谷公園のミニSLは「SLチビクロ号」といいます。ミニSLといわれているのは実物の約5分の1に縮尺されているから。SLチビクロ号は、SLらしく昔は石炭が燃料でしたが、現在はバッテリー駆動。オトナ(中学生以上)は1回の乗車運賃70円。小学生は30円、小学生未満は無料です。

 

毎年、秋になると「せたがやこどもSLまつり」が開かれ、特別記念列車が走ったり、さまざまな鉄関係のイベントが行われています。なお、園内には蒸気機関車「D51 272」が保存されていますよ。

 
 

自由な空気がみなぎっているプレーパーク

 

 

SL広場の脇には「プレーパーク」というエリアが広がっています。ここは公共の公園には珍しく、火を使うことができます。モットーは「自分の責任で自由に遊ぶ」。ここには焚き火もできるし、木で作られた手作りの遊具などもあるし、なんというかフリーダムな雰囲気。お子さま連れの方が多いですが、オトナたちの遊び場としても機能しています。

 
初めてこのプレーパークを訪れた時、なんとなくヨーロッパ的な自由な空気を感じましたが、やはり!ヨーロッパの遊び場をモデルとしたようです。プレーパークは1943年、デンマークの公園設計家C・Th・ソーレンセン氏の着想のもと、コペンハーゲンで作られたのが始まりといわれ、世田谷公園はそのアイデアを取り入れて整備されたようです。このエリアは子どもたちの自主性や社会性などを育み、オトナたちにとっては童心に戻れる場であります。

 

私もそうですが、三軒茶屋に暮らす人々のなかには世田谷公園に行くのを習慣にしている人がいます。私は公園の樹々の間を通り抜けるとすがすがしい気分になるのでアタマの中にモヤがかるとたいていここに来てしまいます。ココロが落ち着くのは香気成分のフィトンチッドを吸収しているからかもしれませんね。このフィトンチッドは吸い込むことで精神がクールダウンし、深くリラックスさせるそうですから。

 

最近では「森林セラピー」という言葉もありますが、樹々の多くある場所にいると、心身のなかで滞っていたものがスーッと流されていくよう。ちょっと疲れた時は世田谷公園で放電。皆さんもいかがですか?

 

世田谷公園
東京都世田谷区池尻1丁目5ー27
https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kusei/012/015/001/002/d00004239.html
(世田谷区のサイト)